ごみの分別検索
お住まいの地域を選んでキーワードや分類検索ができます
粗大ごみインターネット予約
ホームページから粗大ごみのご予約がお申し込みいただけます
住民の方へ
ごみの収集所や家庭ごみの分別と出し方などはこちら
事業者の方へ
事業系ごみについての処理方法や補助制度についてはこちら

>> 続きを読むお知らせ

【新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に伴う家庭系ごみの直接搬入に関するお願い】

 清掃センターへのごみの直接搬入は、現在、通常どおり受入業務を実施しておりますが、時間帯によっては搬入の方々で大変込み合うことがあります。
 大勢の人が集まると、荷下ろしや精算の時などに人と人とが接触することにより新型コロナウイルス感染症への感染リスクが高まります。新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、発熱の症状等体調に異常がある方は搬入を自粛いただき、それ以外の方も不要不急の搬入はお控えいただき、集積所へのごみ出しをお願いいたします。粗大ごみにつきましては、インターネット予約や電話予約(0480-31-8286)による予約収集をご利用ください。
 また、搬入される際には、マスクの着用をお願いいたします。
 なお、今後の状況により、直接搬入の受入業務の一時停止を行うことがありますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

【新型コロナウイルスなどの感染症対策としてのごみの捨て方について】

 新型コロナウイルスなどの感染症対策のためのごみの捨て方について、環境省のホームページに方法が掲載されています。
 詳しくは、環境省ホームページ「新型コロナウイルスなどの感染症対策のためのご家庭でのごみの捨て方」(外部リンク)をご覧ください。
 特に、新型コロナウイルスなどに感染した方やその疑いのある方がご家庭にいらっしゃるときは、使用済みマスク等については、「ごみに直接触れない」「ごみ袋はしっかりと縛って封をする」「ごみを捨てた後は手を洗う」ことを心がけ、「燃やせるごみ」の日に指定袋に入れて出してください。

久喜市の菖蒲町新堀、菖蒲町小林、菖蒲町下栢間、菖蒲町上栢間、菖蒲町柴山枝郷、菖蒲町上大崎、菖蒲町菖蒲(寺田団地)にお住まいの方へ

 

令和2年度版「家庭ごみ・資源物収集カレンダー(菖蒲地区Bブロック)に次のとおり誤りがありました。

8ページ10月30日(金)の欄

 ×誤  空欄     …収集なし
 ○正  燃やせるごみ …収集あり

 

10月30日(金)は通常どおり収集いたします。お詫びして訂正いたします。

 

衛生組合ではパソコン及び小型家電のリサイクルを促進するため、久喜市、宮代町及び小型家電リサイクル法の認定事業者であるリネットジャパンリサイクル株式会社と連携し宅配便を利用した戸別回収を開始しました。
一定条件を満たせば無料回収が可能となります。
詳細はこちらをクリックしてください。

2020年10月1日

衛生組合では、生ごみ減量化の一環として、生ごみ処理容器等を購入し、一定の要件を満たした方に対して、購入経費の一部を補助しています。ぜひ、ご活用ください。

また、電気式生ごみ処理機を無料で2週間貸出する制度があります。電気式生ごみ処理機の購入を検討されている方、どのような物なのかを知りたい方はぜひご利用ください。

詳しくは衛生組合ホームページ等をご覧ください。

 

家庭用生ごみ処理容器等購入費補助制度

http://www.crt-kuki.miyashiro.saitama.jp/people/disposer/

電気式生ごみ処理機の無料貸出について

http://www.crt-kuki.miyashiro.saitama.jp/people/syorikikasidasi/

2020年9月1日

集積所で使用する用具に対し衛生組合から補助を行う「ごみ集積所環境整備補助制度」を設けています。
平成30年4月1日から、用具を設置する経費も補助の対象となり、補助を受けた集積所の再申請が可能になる時期も早まりました。ぜひご活用ください。詳細はこちらをクリックしてください。

2020年8月28日

 「計画・統計・資料」「衛生組合概要」を掲載しました。

2020年8月13日

 衛生組合が回収した布・衣類の多くは、国外に輸出して再利用(リユース)されています。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響を受けて、布・衣類の輸出は一時停止していましたが、8月現在、徐々に再開しつつあります。しかしながら、その受入量は再開前の状態まで回復していない状況です。
 衛生組合による布・衣類の資源回収は、「家庭ごみ・資源物収集カレンダー」どおりに行いますが、引き続き、できるだけ布・衣類の排出はお控えいただけますよう、ご協力をお願いします。

2020年7月7日

プラスチックは、私たちの生活には欠かせないものとなっていますが、毎年約800万トンのプラスチックが海に流出しているとの試算も報告されています。
こうした背景を踏まえて、7月1日から全国一律でプラスチック製買物袋(レジ袋)の有料化が始まりました。
これをきっかけに、一人ひとりがライフスタイルを見直し、マイバックを持ち歩くなど環境問題解決に向けてご協力をお願いします。

 

レジ袋削減にご協力くださいチラシ(PDF)

 

問い合わせ先(受付時間 月~金 9時~18時15分)
プラスチック製買物袋の有料化に関する相談窓口
事業者向け:0570-000930
消費者向け:0570-080180

詳しくは経済産業省ホームページをご覧ください(外部リンク)

※広告内容に関する一切の責任は広告主に帰属します。また、久喜宮代衛生組合が広告主およびその業務内容を推奨等するものではありません。