ごみを減らしてきれいな街づくり表彰について

 

表彰 ごみの資源化・減量化やごみ集積所の美化を推進する皆様を応援するため、久喜宮代衛生組合では平成27年度から「ごみを減らしてきれいな街づくり表彰制度」を実施しています。
 この制度は、ごみの資源化・減量化及びごみ集積所の美化について、顕著な功績のあった方や他の模範となる取り組みを実施した皆様を、住民意識の向上と清掃行政の更なる発展を目指して顕彰するものです。
 表彰には、資源物の集団回収やごみ集積所の清掃など、さまざまな部門があります。

 

令和3年度ごみを減らしてきれいな街づくり表彰の候補者を募集します!

応募期間 令和3年6月1日から6月30日
※応募者のうち、各部門の受賞者については、ホームページ及び広報紙「衛生組合だより」でお知らせするとともに、別途表彰式を行います。記念品も用意しています。
応募資格 久喜市・宮代町に在住の方、久喜市・宮代町内にある団体(自治会を含む。)や事業所
※各部門で応募資格が異なります。
募集部門
  1. きれいな街づくり推進団体部門
    対象者 久喜市・宮代町内の資源集団回収団体・自治会 ・その他リサイクルに取り組む団体
    対象となる取組内容 ・紙類・衣類の資源リサイクルに関する取組を実施し、それらのリサイクル量が顕著なこと
    ・ごみの分別や資源化及びその啓発活動、集積所の清掃・美化に関して、他の模範となる取組を実施していること
    ・その他、リサイクルに積極的に取り組む団体で、その実績が顕著であること
    提出物 ・応募様式(下記からダウンロードもしくは衛生組合で配布)
    ・活動内容の参考となる資料(活動の写真や、報告書など)
  2. 減量推進事業所部門
    対象者

    久喜市・宮代町に事業所のある事業者

    対象となる取り組み内容 ・事業系ごみの減量に関する取組を行い、実際に組合に搬入するごみの量が減少していること
    ・ごみの減量化が大きいと判断できる取組を行っていること
    提出物 ・応募様式(下記からダウンロードもしくは組合で配布)
    ・活動内容の参考となる資料(活動の写真や、報告書など)

表彰数(部門ごと)最優秀作品 1点(個人・団体)以内
優秀作品  4点(個人・団体)以内応募方法

自薦もしくは他薦で、郵送(6月30日消印有効)または久喜宮代清掃センターに持参してください。
※持参の場合は、午前9時から12時、午後1時から5時の間にお持ちください(土・日除く)。
※資料等で電子媒体によるものがある場合、CD-R等で提出してください。
※提出物については、返却はいたしませんので、あらかじめご承知おきください。なお、表彰者は、応募のありました中から、表彰選考委員会による選考のうえ決定します。
※過去に同一の部門で表彰を受けた個人、団体及び事業者については、表彰の対象となりません。

 

問合せ先・応募先
 〒345-0836
 埼玉県南埼玉郡宮代町大字和戸1276-1
 久喜宮代衛生組合 業務課減量推進係
電話:0480-34-2042
※受付時間:9時~17時(土・日は除く)

ご応募お待ちしています。

○表彰に関する応募要領はこちら⇒(PDFファイル

○表彰に関する応募様式はこちら⇒(PDFファイル)(Wordファイル

○応募様式記入例(以下全てPDFファイル)
 きれいな街づくり推進団体部門その1
 きれいな街づくり推進団体部門その2
 減量推進事業所部門
 
 

 

令和2年度ごみを減らしてきれいな街づくり表彰受賞者が決定しました

 今年度のごみを減らしてきれいな街づくり表彰受賞者が決定しました。

きれいな街づくり推進団体部門

最優秀賞 久喜市立太田小学校PTA

ノーレジ袋キャンペーン標語部門

最優秀賞 岡田孝道 様

「持ってます エコの意識と マイバッグ」

優秀賞 青鹿忠秋 様

「買物は マスクと共に マイバッグ」

優秀賞 石橋さくら 様

「持ってきた! 使ってみよう マイバッグ」

優秀賞 石橋幸江 様

「レジ袋 今日から卒業 マイバッグ」

優秀賞 金窪蒼依 様

「環境を 守るヒーロー マイバッグ」

優秀賞 中西仁美 様

「レジ袋 買うよりこれから マイバッグ」

優秀賞 山木博興 様

「持ってます 笑顔で返す レジの前」

マイバッグコンテスト部門

最優秀賞 関根美和 様

優秀賞 日下部冨美江 様

 

受賞者の皆様の取り組みについてご紹介します。

 

久喜市立太田小学校PTA

(きれいな街づくり推進団体部門 最優秀賞)

 きれいな街づくり推進団体部門の最優秀賞を受賞された「久喜市立太田小学校PTA」は、資源集団回収に積極的に取り組んでおり、「捨てればゴミ、生かそう資源!」をキャッチフレーズに毎月第2木曜日に拠点回収及び各戸回収を実施しています。学校の協力を得て、回収日前日には各家庭に一斉メールで回収実施のお知らせを行ったり、地域とのつながりを重視し、地区会長の協力のもと、回覧で回収への参加を呼び掛けるなどの取組を行ってきました。このような取組の結果、令和元年度の回収実績は前年度より3トン以上、約12.4%の増加を達成しました。回収の対象は、紙類、布類をはじめ、アルミ缶やインクカートリッジ等多岐にわたり、積極的にリサイクルに取り組むことで公共回収への排出抑制に貢献しています。 また、集められた資源物の売却費は学校活動費の一部として子供たちの教育のために活用しています。
 PTA会長の藤本さんからお話を伺いました。「太田小学校PTAでは、生徒・教職員・地域住民が協力し合い、地域の環境美化活動を行っています。集団回収に取り組むことで、参加している方々一人ひとりのリサイクルの意識が高まり、地域のつながりも活性化されていると思います。これからも、会員と協力して子供たちの教育環境充実のため、取り組んでいきたいと考えています。」

 

地域、各家庭の協力で集められた資源
地域、各家庭の協力で集められた資源
PTA会員による回収の様子
PTA会員による回収の様子
資源の売却費・報償金でテントを寄贈
資源の売却費・報償金でテントを寄贈

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関根美和様(マイバッグコンテスト部門 最優秀賞)

 マイバッグコンテスト部門の最優秀賞を受賞された関根美和様の作品は、着なくなったお子様のシャツを「玉ねぎの皮」で染め、見た目も素敵な作品に仕上がっております。さらに内側に保冷シートを貼って、バッグの口をヒモで縛れるようにするなど、デザインも使い勝手も配慮した作品であることが高く評価されました。

 

関根美和(せきねみわ)様の作品
関根美和(せきねみわ)様の作品
<工夫したところ> ・表側には子供の着なくなったシャツを玉ねぎの皮で染めたものを利用しました ・内側に保冷シートを使いました ・バックの口は巾着風にひもで縛れるよう工夫しました ・食材をまとめて買うことが多いので、大きく作りました ・地味になりすぎたので、リボンを付けて飾ってみました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイバッグコンテスト部門 優秀賞の作品

日下部冨美江(くさかべふみえ)様の作品
日下部冨美江(くさかべふみえ)様の作品
<工夫したところ> ・母の帯で作りました ・徒歩での買い物ではリュックサックの方が楽なので、背負えるように「ひも」も付けました 。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  [問合せ先]業務課減量推進係