ごみを減らしてきれいな街づくり表彰について

 

表彰 ごみの資源化・減量化やごみ集積所の美化を推進する皆様を応援するため、久喜宮代衛生組合では平成27年度から「ごみを減らしてきれいな街づくり表彰制度」を実施しています。
 この制度は、ごみの資源化・減量化及びごみ集積所の美化について、顕著な功績のあった方や他の模範となる取り組みを実施した皆様を、住民意識の向上と清掃行政の更なる発展を目指して顕彰するものです。
 表彰には、資源物の集団回収やごみ集積所の清掃など、さまざまな部門があります。

平成30年度ごみを減らしてきれいな街づくり表彰の候補者を募集しています!

応募期間

平成30年6月1日から6月30日
※応募者のうち、各部門の受賞者については、ホームページ及び広報紙「衛生組合だより」でお知らせするとともに、別途表彰式を行います。記念品も用意しています。

応募資格 久喜市・宮代町に在住の方、久喜市・宮代町内にある団体(自治会を含む。)や事業所
※各部門で応募資格が異なります。
募集部門
  1. きれいな街づくり推進団体部門
     対象者

    久喜市・宮代町内の資源集団回収団体・自治会 ・その他リサイクルに取り組む団体

     対象となる取り組み内容 ・紙類・衣類の資源リサイクルに関する取り組みを実施し、それらのリサイクル量が顕著なこと
    ・ごみの分別や資源化及びその啓蒙活動、集積所の清掃・美化に関して、他の模範となる取り組みを実施していること  
    ・その他、リサイクルに積極的に取り組む団体で、その実績が顕著であること
     提出物  ・応募様式(下記からダウンロードもしくは組合で配布)
    ・活動内容の参考となる資料(活動の写真や、報告書など)
    ※資源リサイクル推進団体部門は、今回からきれいな街づくり推進団体部門に統合されました。
  2. 減量推進事業所部門
    対象者

    久喜市・宮代町に事業所のある事業者 

     対象となる取り組み内容 ・事業系ごみの減量に関する取り組みを行い、実際に組合に搬入するごみの量が減少していること
    ・ごみの減量化が大きいと判断できる取り組みを行っていること 
     提出物  ・応募様式(下記からダウンロードもしくは組合で配布)
    ・活動内容の参考となる資料(活動の写真や、報告書など)
  3. ノーレジ袋キャンペーン標語部門(個人)
    対象者

    久喜市・宮代町に在住の方 

     応募方法等 ノーレジ袋キャンペーン」のページをご覧ください
  4. マイバッグコンテスト部門(個人)
    対象者

    久喜市・宮代町に在住の方 

     応募方法等 マイバッグを使おうよ!」のページをご覧ください

 

表彰数(部門ごと) 最優秀作品 1点以内
優秀作品  4点以内
応募方法

自薦もしくは他薦で、郵送(6月30日消印有効)または久喜宮代清掃センターに持参してください。
※持参の場合は、午前9時から12時、午後1時から5時の間にお持ちください(土・日除く)。
※資料等で電子媒体によるものがある場合、CD-R等で提出してください。
※提出物については、マイバッグを除き返却はいたしませんので、あらかじめご承知おきください。マイバッグで返却を希望される場合は、応募時にその旨を提出書類に記載してください。
※過去2年に同一の部門で表彰を受けた個人、団体及び事業者については、表彰の対象となりません。(マイバッグコンテスト部門は除く)

問合せ先・応募先

〒345-0836
 埼玉県南埼玉郡宮代町和戸1276-1
 久喜宮代衛生組合 業務課減量推進係
電話:0480-34-2042
※受付時間:9時~17時(土・日は除く)

ご応募お待ちしています。

○表彰に関する応募要領はこちら⇒(PDFファイル

○表彰に関する応募様式はこちら⇒(PDFファイル)(Wordファイル

○応募様式記入例(以下全てPDFファイル)
 きれいな街づくり推進団体部門その1
 きれいな街づくり推進団体部門その2
 減量推進事業所部門
 
 

※3.ノーレジ袋キャンペーン標語部門及び 4.マイバッグコンテスト部門に、指定の様式はありません。ノーレジ袋キャンペーン標語の詳細については、「ノーレジ袋キャンペーン」のページ、マイバッグコンテストの詳細については「マイバッグを使おうよ!」のページをご覧いただくか、業務課減量推進係までお問合せください。

 

 

平成29年度ごみを減らしてきれいな街づくり表彰受賞者が決定しました

 平成29年度のごみを減らしてきれいな街づくり表彰受賞者が決定しました。

資源リサイクル推進団体部門

最優秀賞 レーベンスクエア東鷲宮ブライトアリーナ管理組合

優秀賞 久喜市立菖蒲中学校PTA

きれいな街づくり推進団体部門

 最優秀賞 本町4丁目町内会

ノーレジ袋キャンペーン標語部門

最優秀賞 石橋 幸江 様

「持ったかな クリーンな心と マイバッグ」

優秀賞 柏倉 杏咲 様

「ぼくたちの 未来を守れ エコバッグ」

優秀賞 吉田 あいみ 様

「マイバッグ 使う姿は 素敵です」

優秀賞 小林 愛子 様

「マイバッグ エコへの意識 第一歩」

優秀賞 横手 敏夫 様

「マイバッグ 使うあなたは エコの神」

マイバッグコンテスト部門

優秀賞 関根 美和 様
◎ネギや大根など長い物の収納に効果を発揮する袋です

特別功労者賞

小山 康弘 様、西谷 美春 様、茂田 庸子 様

久保 勝以知 様、浅倉 孝郎 様

 受賞者の皆様の取り組みについてご紹介します。

本町4丁目町内会(きれいな街づくり推進団体部門 最優秀賞)
 きれいな街づくり推進団体部門の最優秀賞を受賞された本町4丁目町内会は、「ごみ集積所の清 掃当番制できれいな街づくり推進中」をキャッチフレーズに、ごみ集積所全30ヶ所のごみネットの管理や清掃を利用者全員の当番制で行うことにより、ごみの分別、資源化、減量化を推進している町内会です。     
 主な活動内容は、ごみは当日の朝に出す、ごみネットを掛ける、ごみ袋に名前を書く、当番は1週間交代といったものです。また、町内会では、ごみ集積所の環境が衛生的に保たれるように、班長会議の際にごみの分別方法の説明を毎回行っています。さらに共同利用している集積所の他地区住民に、分別のアドバイスと当番制への参加呼びかけを行っています。その結果、地区内の集積所は良好な状態に保たれており、こうした活動が高く評価されました。
 本町4丁目町内会の理事であり廃棄物減量等推進員の鈴木さんにお話を伺いました。
 本町4丁目町内会は、350世帯を超える町内会で久喜小学校付近を中心にした一帯で小学校前の幹線道路沿いに30箇所の集積所が設置されています。これらの集積所は、分別が徹底していなかったことでごみが残される事態が続いていて、周囲の美観も損なうようなことになっていたそうです。こうしたことから前区長が中心となって4年前からごみ集積所の清掃当番制の取り組みを始めたそうです。この取り組みの目的は、当番制にすることでごみの排出が自分の責任であることを再認識してもらい、きちんとした分別でのごみの排出をしてもらうことでした。取り組み当初は、当番制を拒否する住民がいて、説得に苦労したそうですが、現在では、分別が定着しており、集積所も清潔に保たれているそうです。また、啓発活動として年2回行われる班長会では必ずごみの分別について話をして更なる周知に努めているとのことです。
 2年前から資源物の収集日が変更になった時には、1週間前から世帯数の多い集積所には貼り紙をして分別間違いを抑制するといった工夫を行い、実際に分別間違いで残されたごみの排出者には排出物を見ながら丁寧に説明し、理解を積み重ねたそうです。また、この資源物の収集日変更は経費節減になっていることを衛生組合だよりの記事で知り、皆さんにも協力をお願いしたとのことです。きれいな街づくりのため、今後も出来る限り協力していきたいと語ってくれました。

きれいに整理された集積所
きれいに整理された集積所
ちりとりとほうきなど
ちりとりとほうきなど
資源リサイクルの注意貼り紙
資源リサイクルの注意貼り紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レーベンスクエア東鷲宮ブライトアリーナ管理組合(資源リサイクル推進団体部門最優秀賞)
 資源リサイクル推進団体部門で最優秀賞を受賞されたレーベンスクエア東鷲宮ブライトアリーナ管理組合は、「ゴミも貯まれば宝の山」をキャッチフレーズに住民による資源集団回収を実施しています。管理組合では、3か月間の紙類・衣 類・缶・ペットボトルの重量、売却金額、報償金をまとめ掲示板やエレベーター内、ごみ置場に掲示を行い資源回収の意識向上に努めていることや転入者にも管理員から活動の趣旨を伝え、活動に参加していただいていることで、住民にも資源集団回収の意識が根付いており、過去数年にわたって資源物の回収量が増加していることが高く評価されました。
 レーベンスクエア東鷲宮ブライトアリーナ管理員の川田さんにお話を伺いました。
 レーベンスクエア東鷲宮ブライトアリーナは、平成23年3月にオープンした11階建ての分譲マンションです。現在は、263世帯が入居しており、小さな子供を持つ若い世帯が中心となっているとのことです。
資源集団回収は、系列である隣のマンションですでに実施していたことがきっかけで平成23年にマンションができた当時から行っています。
 資源集団回収で苦労したことは、住民が協力的であったことからほとんどありませんでしたが、しいて言えば活動の周知徹底が大変だったそうです。管理組合では、周知のために資源集団回収の実績を報告書にして集積所やエレベーター、掲示板に掲示して、住民の努力の成果ということを伝えています。また、転入者には、ごみ置場を案内し、資源集団回収の制度を説明しているとのことです。
 しかし、最初から順調だったわけではありません。当初は、間違えて出される物も多くごみ置場の管理には頭を悩ませていたそうです。そこで、分別しやすいようにパーテーションを作成したり、分別を注意喚起する掲示物等の活動により周知を徹底することで徐々に改善していったそうです。「無臭、快適なごみ置場」ということで「継続は力なり」をモットーに取り組んできたとのことです。その甲斐あって、今では、間違えて出される物もほとんどなく、また転入者にごみ置場を案内すると「きれいな集積所ですね」と褒められ、一層やる気が出るとおっしゃっていました。また、この資源集団回収の収益は緊急的な修繕や大規模修繕に備えるものであることから、マンションのイメージアップにも一役買っており、資産価値アップに効果があるそうです。
 その他にも、管理組合では、資源集団回収以外の廃棄物の取り組みとして、住民同士で年2回の衣類やおもちゃのリサイクル会を開催し、資源物の有効利用に努めているなど、リサイクルの意識の高さが伺えるマンションでした。
 今後の目標は、資源集団回収で現在の水準を維持していくこととのことです。資源集団回収に対する意識の向上を継続するために、5年間で200万の収益があることなどを、新規入居者の方にアピールしていきたいと考えています。
 最後に、マンションの集積所の管理について気を付けていることを川田さんにお聞きしたところ、マンション内の集積所といったいつでも排出可能なごみ集積所は、一歩間違うと「ごみ置場」でなく「ごみ捨て場」なってしまうので、管理人の川田さんは周知に気を付けたそうです。

マンション外観
マンション外観
2013年正月の集積所
2013年正月の集積所
注意喚起のチラシ
注意喚起のチラシ
注意看板
改善された集積所
改善された集積所
改善された集積所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 久喜市立菖蒲中学校PTA(資源リサイクル推進団体部門優秀賞)
 資源リサイクル推進団体部門で優秀賞を受賞した久喜市立菖蒲中学校PTAの資源集団回収は、「学校・家庭・地域の連携強化、児童・生徒のための資源回収活動」をキャッチフレーズに菖蒲中学校区内の各小学校にOBの中学生が出向き、PTAと協力して回収活動を実施しています。回収に中学生が協力することで、回収作業も円滑に進んでおり、この活動で得た収益金は、学校の環境整備や教材等の購入に充てられ、児童・生徒のために使用されています。これらの活動により、前年度から10トン以上資源物の回収量が増加したことが評価されました。
 主幹教諭の靍間先生にお話を伺いました。
 菖蒲中学校は、昭和22年に開校した中学校で昨年70周年を迎えた歴史のある学校です。地元の菖蒲小、三箇小、菖蒲東小の3つの小学校の児童が進学し、現在生徒数は300名を超えています。部活動も剣道部、吹奏楽部などを筆頭に大変活発とのことです。
 今回受賞した資源集団回収は、菖蒲地区内の小学校3校を回収場所として1学期に1回土曜日に行われており、4~5年前から保護者だけでなく中学生もこの資源集団回収に参加するようになったそうです。資源集団回収のお知らせについては、地域には回覧を行い、中学校と小学校の生徒児童には学校で文書を配布し、周知しているそうです。
 資源集団回収で得た収入は、校庭の補修など緊急を要するものや教員用の教科書の購入や横断幕の購入などのほか、部活動での遠征費など、生徒に直接還元されるような費用にも充てられています。さらに保護者で組織されるおやじの会の活動費といった学校生活を充実させる活動費としても使われています。
 中学生の資源集団回収への参加は、部活動にもよりますが毎回5名から20名程度だということです。ただし、部活動単位での参加は、急な練習試合や遠征などで参加できなくなるなどデメリットもあり、生徒の参加方法については良い方法を模索している最中だと話してくださいました。また、PTAが中心となって運営しているため、役員は1年ごとの引継ぎとなっており、日程調整ややり方の伝達にも課題があるということだそうです。
 今後については、いくつかの課題はありますが、久喜市では、コミュニティ・スクール(※)の取り組みを進めており、この方針に沿って中学生の地域活動への参加を引き続き進めていく予定だそうです。

※コミュニティ・スクールは、学校と保護者や地域の皆さんがともに知恵を出し合い、学校運営に意見を反映させることで、一緒に協働しながら子供たちの豊かな成長を支え「地域とともにある学校づくり」を進める法律(地教行法第47条の6)に基づいた仕組みです。

先生 賞状

 

◎前年度までの受賞者の取り組みは、こちらをご覧ください。

 

 

 

  [問合せ先]業務課減量推進係