ごみを減らしてきれいな街づくり表彰について

 

表彰 ごみの資源化・減量化やごみ集積所の美化を推進する皆様を応援するため、久喜宮代衛生組合では平成27年度から「ごみを減らしてきれいな街づくり表彰制度」を実施しています。
 この制度は、ごみの資源化・減量化及びごみ集積所の美化について、顕著な功績のあった方や他の模範となる取り組みを実施した皆様を、住民意識の向上と清掃行政の更なる発展を目指して顕彰するものです。
 表彰には、資源物の集団回収やごみ集積所の清掃など、さまざまな部門があります。

平成30年度ごみを減らしてきれいな街づくり表彰受賞者が決定しました

 平成30年度のごみを減らしてきれいな街づくり表彰受賞者が決定しました。

きれいな街づくり推進団体部門

最優秀賞 つるしろ会

優秀賞 佐間自治会

優秀賞 公園通り自治会

ノーレジ袋キャンペーン標語部門

最優秀賞 遠藤 敏朗 様

「レジの前 笑顔で差し出す マイバッグ」

優秀賞 酒井 慎一郎 様

「レジ袋 もらわずいつもの マイバッグ」

優秀賞 佐藤 勝弘 様

「マイバッグ 持って買い物 無駄がなし」

優秀賞 館野 史隆 様

「マイバッグ クリーンとグリーンの 二刀流」

優秀賞 丸山 進 様

「マイバッグ 未来の地球へ 思いやり」

優秀賞 横手 敏夫 様

「マイバッグ いつも一緒に お買い物」

マイバッグコンテスト部門

最優秀賞 里中 千惠子 様

優秀賞 安倍 弘子 様

優秀賞 金子 時子 様

優秀賞 日下部 冨美江 様

優秀賞 関根 美和 様

特別功労者賞

小林登茂子 様

 

受賞者の皆様の取り組みについてご紹介します。

 

つるしろ会(きれいな街づくり推進団体部門 最優秀賞)

 きれいな街づくり推進団体部門の最優秀賞を受賞されたつるしろ会は、「ごみを減らしてきれいな街づくりを推進する!」をキャッチフレーズに地域住民による資源集団回収を実施している団体です。毎月末の土曜日に会員自ら軽トラック2台で各戸を巡回し、玄関先に出された資源物の回収をし、集めた資源をとりまとめて業者の大型トラックに積み替える形で引き渡しています。各戸を巡回して回るため、特に高齢者から集積所まで運搬をしなくて済むと喜ばれており、その結果、集積所への資源物の排出もほとんどなくなくなったとのことです。また、回収した資源の売却費で弦代公園のバラ園や花壇を管理するなど、美化活動に充て、公園を利用する地域の住民に大変喜ばれているそうです。これらの活動が高く評価され、この度、最優秀賞を受賞いたしました。
 つるしろ会の小林会長にお話を伺いました。
 会を始めたきっかけは、近くにある「つるしろ公園」が古くなり、公園の芝生もだんだんと荒れてきてしまったこと。そこで、「もういちど公園をきれいにしよう」と地元の有志で活動を始めたそうです。活動資金を捻出するため、桜田4丁目の資源回収に取り組み、そこで得た資金で美化活動を行ってきました。この活動を始めて、すでに24年目になるとのことです。
 当初は会員の自家用車で収集をしていましたが、地元住民の協力の輪もだんだんと広がり、資源の回収量も増えてきて、積み込みに大変苦労したそうです。そこで、宝くじが実施する補助制度に申込を行い、補助が認められることになったため、会専用の軽トラックを用意することができました。この軽トラックを使うことによって、より活動を広げることができるようになったとのことです。
 今後は、この活動を次に世代につなげるため、若い方にも是非参加してほしいとのことです。

 

会所有の軽トラックで各戸を資源回収
会所有の軽トラックで各戸を資源回収
空き缶は丁寧に選別し、大きな袋に詰替え
空き缶は丁寧に選別し、大きな袋に詰替え
つるしろ公園に花を植栽しています
つるしろ公園に花を植栽しています
つるしろ公園のバラ園
つるしろ公園のバラ園

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

佐間自治会(きれいな街づくり推進団体部門 優秀賞)
 きれいな街づくり推進団体部門の優秀賞を受賞された佐間自治会は、「きれいなふるさと造り!」をキャッチフレーズに毎月第3日曜日に地域5ヶ所において資源物の収集を実施している資源集団回収団体です。自治会の活動の一環として資源回収に取り組み、資源売却金を自治会の活動費に充てることで地域の住民に還元しています。毎月の回収量、売上高を回覧でお知らせすることで、地域住民の参加している意識を高め、回収量も年々増加しているようです。今回、過去数年にわたって資源物の回収量が増加していることが高く評価されました。

 

 

公園通り自治会(きれいな街づくり推進団体部門 優秀賞)
 きれいな街づくり推進団体部門の優秀賞を受賞された公園通り自治会は、「減量化に取り組み実施中」をキャッチフレーズに火曜日、金曜日及び第3土曜日に13名の協力自治会員により資源物の収集を実施している資源集団回収団体です。団地の高齢化が進む中、天候に関わらず年間を通じて階段下への収集を実施しており、住民から大変感謝されているようです。今回、資源物の回収量が前年度に対して大幅に増加していることが高く評価されました。

 

 

 

里中千惠子様(マイバッグコンテスト部門 最優秀賞)
 

いちごの箱など、平たい箱も包めるエコバッグです。
いちごの箱など、平たい箱も包めるエコバッグです。
使わないときは小さくたためます
使わないときは小さくたためます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マイバッグコンテスト部門 優秀賞の作品

安倍弘子様の作品
安倍弘子様の作品
金子時子様の作品
金子時子様の作品
日下部冨美江様の作品
日下部冨美江様の作品
関根美和様の作品
関根美和様の作品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎前年度までの受賞者の取り組みは、こちらをご覧ください。

 

 

 

平成30年度ごみを減らしてきれいな街づくり表彰の候補者を募集しています!(終了しました)

応募期間

平成30年6月1日から6月30日
※応募者のうち、各部門の受賞者については、ホームページ及び広報紙「衛生組合だより」でお知らせするとともに、別途表彰式を行います。記念品も用意しています。

応募資格 久喜市・宮代町に在住の方、久喜市・宮代町内にある団体(自治会を含む。)や事業所
※各部門で応募資格が異なります。
募集部門
  1. きれいな街づくり推進団体部門
     対象者

    久喜市・宮代町内の資源集団回収団体・自治会 ・その他リサイクルに取り組む団体

     対象となる取り組み内容 ・紙類・衣類の資源リサイクルに関する取り組みを実施し、それらのリサイクル量が顕著なこと
    ・ごみの分別や資源化及びその啓蒙活動、集積所の清掃・美化に関して、他の模範となる取り組みを実施していること  
    ・その他、リサイクルに積極的に取り組む団体で、その実績が顕著であること
     提出物  ・応募様式(下記からダウンロードもしくは組合で配布)
    ・活動内容の参考となる資料(活動の写真や、報告書など)
    ※資源リサイクル推進団体部門は、今回からきれいな街づくり推進団体部門に統合されました。
  2. 減量推進事業所部門
    対象者

    久喜市・宮代町に事業所のある事業者 

     対象となる取り組み内容 ・事業系ごみの減量に関する取り組みを行い、実際に組合に搬入するごみの量が減少していること
    ・ごみの減量化が大きいと判断できる取り組みを行っていること 
     提出物  ・応募様式(下記からダウンロードもしくは組合で配布)
    ・活動内容の参考となる資料(活動の写真や、報告書など)
  3. ノーレジ袋キャンペーン標語部門(個人)
    対象者

    久喜市・宮代町に在住の方 

     応募方法等 ノーレジ袋キャンペーン」のページをご覧ください
  4. マイバッグコンテスト部門(個人)
    対象者

    久喜市・宮代町に在住の方 

     応募方法等 マイバッグを使おうよ!」のページをご覧ください

 

表彰数(部門ごと) 最優秀作品 1点以内
優秀作品  4点以内
応募方法

自薦もしくは他薦で、郵送(6月30日消印有効)または久喜宮代清掃センターに持参してください。
※持参の場合は、午前9時から12時、午後1時から5時の間にお持ちください(土・日除く)。
※資料等で電子媒体によるものがある場合、CD-R等で提出してください。
※提出物については、マイバッグを除き返却はいたしませんので、あらかじめご承知おきください。マイバッグで返却を希望される場合は、応募時にその旨を提出書類に記載してください。
※過去2年に同一の部門で表彰を受けた個人、団体及び事業者については、表彰の対象となりません。(マイバッグコンテスト部門は除く)

問合せ先・応募先

〒345-0836
 埼玉県南埼玉郡宮代町和戸1276-1
 久喜宮代衛生組合 業務課減量推進係
電話:0480-34-2042
※受付時間:9時~17時(土・日は除く)

ご応募お待ちしています。

○表彰に関する応募要領はこちら⇒(PDFファイル

○表彰に関する応募様式はこちら⇒(PDFファイル)(Wordファイル

○応募様式記入例(以下全てPDFファイル)
 きれいな街づくり推進団体部門その1
 きれいな街づくり推進団体部門その2
 減量推進事業所部門
 
 

※3.ノーレジ袋キャンペーン標語部門及び 4.マイバッグコンテスト部門に、指定の様式はありません。ノーレジ袋キャンペーン標語の詳細については、「ノーレジ袋キャンペーン」のページ、マイバッグコンテストの詳細については「マイバッグを使おうよ!」のページをご覧いただくか、業務課減量推進係までお問合せください。

 

 

  [問合せ先]業務課減量推進係